fujiyama ツアー

スポンサーリンク

ボス猿子供班はロッジでおとなしく出来ていたのか? いやいや、そんな訳はなく ロッジの柱をジャングルジムにして上へ下への大騒ぎ状態だ。ボスザルまで出現する始末。(ただの酔っ払いという話もある) 将棋あり、オセロあり、トランプあり、いろいろな室内ゲームで盛り上がっていた。カツオといえば右の画像のようにもくもくと単行本を読破していたし、ビールを飲み続ける2人組もいる。最後の夜なんか 携帯電話のメールアドレスの交換なんかしてたりして、社会人らしいこともしてたりする。(ほんまかいな)

このように暑い夜はふけていく。いやいや、気温が。夜はさすがに寒く(約1名寒がりがいるんで) 設置してあった石油ストーブを二晩とも活躍させてもらったのだが、ロフトで寝る子供たちはこのストーブのため 熱くて死にそうだったらしい。

小猿ロッジを引き払い、チャリダー家へいったん寄ることにする。帰り着くとノンちゃんがうれしそうだった。やっぱり、自分のうちはいいらしい。

みんなで昼にカレーライスをご馳走になり、まさやん一家は掛けてあったYAMAHAのカレンダーをいただき、帰路に着いた。カツオ一家は岐阜の旅館でもう一泊して帰るそうだ。最後まで 「湾岸ミッドナイト」を読んでいたことは言うまでもなかろう。

全般的に天気にはたたられたものの、楽しいゴールデンウィークを過ごせたのではないだろうか。この場を借りてチャリダー家の皆さん、いろいろお世話になり、ありがとう。またの機会にお会いしましょう。(タイトルの富士山は見れんかったけど)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする