2003 ストリートカフェトロフィー Rd.1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MMRT テント村2003年の緒戦がやってまいりました。ディフェンディングチャンピオンとしてどのようなレースをするのか興味津々。(他人事モード)去年は出鼻をくじかれ、バタバタしながらレースを迎えてしまったが、なんと!今年はもっと悲惨なことに。昨年と同じく金曜に会議の予定が入り、早々から木曜深夜に来岡決定。しかし、突然土曜にスライドし、慌てる慌てる。フクちゃん、却下を申し出るも見事撃沈さる。(笑)かくして来岡もスライドし金曜深夜に。この時点で前日練習してレースに臨むパターンは崩れ、ぶっつけ本番状態に。(社長さん、スルドイ)

今年に入ってからというものフクちゃんは、50秒を切れないという前代未聞のスランプに陥っていたため、練習したかったに違いない。しかし、タイヤを前後新品に(注:フロントは1年もの)履き替え、不安をすりかえることにしたらしい。しかし、週間天気予報が不吉な影を落とす。
どうも雨になるらしい。英田町の山の中だ。曇り=雨ぐらいに思っておかないと・・・。(ほんま雨男やな)

予選3位なんざまぁすさて、金曜が過ぎ土曜に入った。フクちゃんが、到着したのはAM1:30。眠くてウチを通り越してしまったらしい。(末期症状やな) 聞けば昨日(木曜)もAM2:00ごろだったらしい。慢性的な睡眠不足だ。
翌朝、岡山駅まで送る。会議は大阪であるため、道中は寝ることができるだろう。(乗り越さないでね)そして、夕方。PM6:45に帰るとメールが入った。のぉぉ、時間がない。ちょっぱーを散歩に連れて行く。間に合いそうもないので、本邦初?のジョギング散歩だ。すばらすぃ、最短記録だ。(すでに足が痛い)

車に快適装備を積み込んで、出発したのがPM8:00過ぎ。途中買出しをして、到着したのがPM10:00前。西脇軍団と合流し、いざTIへ乗り込む。土曜の夜なんかで場所取りできるのか?と思っていたが、案外すいていた。ドカッティーカップがいっしょにないからだろうとフクちゃんは解説してくれた。設営も完了し、再会を喜ぶ5人。しかし、いつものような元気は誰もなく、「大富豪」もしないまま、お開きにする。なぜなら、フクちゃんは死んでいた。連日連夜の残業に、本日の大阪会議、おまけに風邪が完治せず熱っぽいらしく、薬を飲んで速攻で就寝する。付き合いの悪いやっちゃ。(なにしにきとんねん)

本番の日曜の予定。AM6:00起床し、受付を済ませ、AM9:20から予選スタート。そして、PM2:30決勝というスケジュール。もしも、雨が降れば、レインタイヤに付け替える作業が追加され、てんてこ舞いになるに違いない。まるで、去年と同じではないか!

見よ!オクムラチューンドサス!朝、予定起床時間のAM6:00前から起きているフクちゃんがいた。むうう、早いではないか。オレはもちょっと寝る。(笑) というわけにもいかないので起きようか。さっそく、軽く朝食をとり、西脇2号にゲートに並んで場所取りを指示。ほぅぅ、いつにも増して段取りいいじゃん。

気になる空はどど、どんより。私の予想では昨晩から雨になり、今朝一でタイヤ交換かと思ってました。彼はiモードを駆使して、天気予報チェックに余念がない。またこれが当てにならなくて、見るたび予報が変わる始末。これじゃ予定もたたんわな。雨から曇りに変わっても、横から雨になる、雨になると脅かしていたのであります。(爆)同じチーム内でライダーに揺さぶりをかけるようなとこはほかにあるんでしょうか?

予選が近づく。今回、NT1は110秒オープンと混走なので早く出て遅いのに引っかからない作戦だ。しか~し、タイヤが新品なため、無理はできない。アドバイスを参考に念入りにタイヤを拭いてましたよ>てらだくん。

予選開始。雲は薄く、雨が降る気配はない。行け行けGo!Go!
4番手でコースイン。ドカに引っ張ってもらうようだ。TLとピンクドカとの距離がだんだん開いていく。ありゃりゃ、ペース上がらんのか?予選終了!たった10分でタイヤの皮むきして、タイムまで出す。しかも、ぶっつけ本番で。ご苦労さんです、フクちゃん。しかも予選3位とは! しかし2位とは1秒差、1位とは2秒の開きがある。おまけにフクちゃん以下は団子状態。ちょびっと、ピンーチ。

決勝は、PM2:00以降なので、その間暇だ。みんな5月病なのか覇気がない。しかも、この時期にしては、寒すぎる。西脇2号は、フリース毛布を体に巻きつけ、寝ている。(これがテルテル坊主の代わりになろうとは:笑) それにしても、年を追うごとに装備が豪華になっていくなぁ。昔はテーブルだけだったのに・・。

周りはというと、大体いつもの人たちがいて、いつものような風景だ。なかでもいいなぁと思うのは、SRXのおじさん。エントリーリストに間違いなければ、たぶん54歳。この前はレトロクラスとのダブルエントリーだったはずだ。今回はSRXしか見えないなぁ。しかも、奥さんと一緒。そして、このおじさんの険しい顔を見たことがない。いつ見てもニコニコしている。心底レースを楽しみに来てるんだなぁと思わせる。次回もお会いしましょう>おじさん。

スポンサーリンク
  • 120603_st600-5.jpg
  • 050404_KIF_0003.JPG
  • 090419yatsugatake-002.jpg
  • 151019_IMG_0420.jpg
  • sus.jpg