2003 夏のモトルネッサンス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
空が怪しい・・いつものテント村生活

今回は盆休みと重なり、私としては初めて2日通しての参加となったが、西脇1号、3号が欠席。よって、これまた初のピットに入ることになった。フクちゃんは前日入りし、場所を確保。私は早朝入りしお手伝い。2号は高速バスで3時ごろ駆けつけて来るので迎えに行くというスケジュールだ。練習走行は9:00と11:55の2本。これで勘を取り戻す予定らしい。前回のレースから何度か練習には来ていたらしいが、すべて雨だったので、今回ドライになれば苦戦は必死。どうする、フクちゃん。(他人事モード)

来る途中、パラパラ降っていた雨はどうにか収まり、残り少ないピレリタイヤでの走行だ。つくづくコイツはすごいなと思うのは、大抵オークションで何分かサーキット走行したタイヤをゲットし(この場合銘柄を問わない)、本番には一番フィーリングのいいメッツラーを使用する点だ。こんな風にほかの人もしているのだろうか?(そんなことないと思う)なんだか調子が狂うような気がするのだが・・。

先ずは一本目。なんと50秒を切れない!(がーーん) どうしたわけぇ?しかし、この人はいつもこうなのだ。練習ではタイムが出ない。いつものパターンである。(オレは気にしないぜ) 練習時のフクちゃんは落ち着きがない。やたら、マシンをいじったり、ウロウロしたり。こんなヤツは始めて見る。そんな中、前回のレースで2位だったTLの「しんばし」さんに会う。偵察に行っていたフクちゃんが話しかけたのだろう。なかなか感じのいい人である。MMRTのHPはいつもROMってますと言われ、ビックリ。つかさず、書き込みしてくださいとお願いしといた。(笑) 

次の2本目。何とか50秒は切るものの、本来の実力は出てないみたい。聞けば、タイヤが終了したらしい。(納得)ちらちらとしんばしさんのタイムを確認していたが、どうも彼は45秒を切ってそうだ。でんでん、相手になってない。(爆)こういう場合、普通のチームは気を利かせるのか知らないが、我々は違う。(どうだ!)おーーい、なにしょんなら! 叱咤激励?する。なんせ長い付き合いである。これくらいは大丈夫とチクチクいじめる。(笑)

明日に備えて、本番用タイヤに交換しておく。ビードブレーカーとタイヤレバーを新調したらしい。ビードブレーカーが少々力不足だがないよりはいい。この交換でVTRの交換要領を学習する。すっかり、昼飯を食いそびれ、いそいそと2号ちゃんのお迎えに向かう2人。しかし、呉と岡山と西脇。3ヶ所から集まってくるチームというのもめずらしい。(現地集合だし)

車検も受けておくのだっ!恒例のお仕事

この後、温泉に入り、昼飯兼晩飯を取り、最近ないゆったりまったりした夜をすごしたのは言うまでもない。

スポンサーリンク
  • 160712_IMG_20160710_144535.jpg
  • 150713_IMG_4807.jpg
  • 030817_uvs030819-006.jpg
  • 140428_DSCN2599.jpg
  • 100314_st600-1_16.jpg