2005 夏のモトルネッサンス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトルネTシャツ2005年8月13~14日の2日に渡って開催された『夏のモトルネッサンス』。月刊”まぬけの”では、このレースにここ数年参戦している”広島ファクトリー&MMRT”から参戦のフク氏(44)に密着取材を敢行した。

結果から言うと決勝リタイア・・・だが、リタイアの陰にいろいろとドラマもあったんです。いい歳をしたおじさんが、しかもお盆に家族をうっちゃって集まる・・ここからしてドラマです。もう半分あきらめられていると関係者の方々はおっしゃられますが、いやぁなかなかのパワーをワタクシ感じずにはいられません。また、装備もスゴイんです。キャンプ道具からレインタイヤを履かせたスペアホイールまで、サンデーレーサーもここまでやるんだと驚きの連続なんです。

概要はこれくらいにしてだいたいの経過を次にご説明してみましょう。
 
雨・雨・雨13日は、車検と午後5時10分から10分間の予選です。午後から1本練習走行して、新品のタイヤに前後交換。暑い中、まったりと時が過ぎていきます。そして予選。開始直後にパラパラと降雨。予選参加者の多くは、手を上げてメインストレートを走っていきます。そして、赤旗中断。”レインマスター”フク氏はポールポジションを狙って全開走行だったらしいです。

14日は、午後3時45分から決勝スタートです。いままでにないスケジュールらしいですね。ヒマを持て余してしまいそうだとフク氏。通な方曰く、「ダブルエントリーを考慮しているのでは・・・。」ということでした。

終始曇りがちな天気だったのですが、決勝前グリッドに並べたところで突然の降雨。雨粒も大きく、時間も長い。一時中断され、ピットへと退却。あわただしく、用意してあったレインタイヤに交換が始まったのです。 

♪ドナドナド~ナ既にしんばし氏に借りたタイヤウォーマーで暖めていたレインタイヤを手際よく、交換していくクルーたち。くろすけ氏がフロントを、フク氏とMMRT代表Masayan氏がリアを替えていきます。

雨は勢いも衰えず、コース上は川になっています。雷鳴は轟き、近くの山に落雷したという情報もあります。しかし、数十分で止み、レースは再開されます。

調べるところによるとフク氏は、雨を苦手とはしておらず、逆に雨が絡んだ時に結果を残しているようです。十分期待できそうだったのですが、惜しくも2コーナーで転倒リタイア。スタートからズルズルと遅れて少々焦ったらしいのですが、残念です。フク氏は元気よく帰ってきたので安心しましたが、左足を負傷。ドナドナ号を取り囲んで撮影される姿に自らのサイトネタを欲している一般人の凄さを目の当たりにしましたですよ。

スポンサーリンク
  • 160712_IMG_20160710_095747.jpg
  • 170314_IMG_20170311_232820.jpg
  • 070916st600-rain.jpg
  • 140428_DSCN2580.jpg
  • 080615azami-009.jpg