2006 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記

スポンサーリンク

軽く朝食を取り、バナナとゼリー飲料でエネルギー補給。ウエアに着替えて、キネシオテープで腰と膝、太股、脹脛の筋肉をサポートする。下山用のウインドブレーカーとサングラスと万が一のエネルギー補給用パワージェルを背中のポケットに入れ、チャンピオンクラスは、7:30スタートなんでいつもより早めに会場へ出発。

060827norikura-004

会場で、ブログで知り合ったtakatacaさんに合い、お互い検討を誓う。

まさやんのブログ友達(注1)のワンダさんも見かける。今年は同じクラスで走るので負けないように頑張らなければと心の中で…。

開会式が終わり、チャンピオンクラスからスタートラインでの移動が始まる。スターラインへ移動するとき、同好会のメンバーから激が飛ぶ。スタートラインにつくが、前方に100人以上並んでいる。まあ、実力レベルでは妥当な位置だと…。左前方にtakatacaさんがいる。向こうもこちらに気づく。

昨年のチャンピオン筧選手が怪しく登場し、スタート前の興奮は絶頂に!スタート30秒前。周りの雰囲気が変わる。10秒前、9、8、7、6、5、4、3、2、1、スタート!

前の方から順次スタートラインを越えて行く。30秒くらい遅れてスタートラインを越える。周りの選手は、一気にペースを上げどんどん前に出ていく。スタート時横にいた同じチームのYくんも遙か前の方に見える。

スロースタートの僕は、周りにペースを乱されないように淡々と進むことを心がける。

1~2km走ったところで体も暖まり、追撃態勢に入る。すでに何人に抜かれた分からない。(エントリーが288人だったので200位くらいまで落ちたと思う) そこからは、どんどん抜いていく。昨年までの年齢別クラスと違い同じような力を持った人達と一緒であり、なかなか抜けないし抜いても離れない(離せない)。それでも前を目指す。同じ宿に泊まっていた人を確認しながら抜いて行く。

何とかYくんに追いつき、声をかけて前に出る。後ろに付いてきていると思いながらも後ろを見ずに前を目指す。

(注1) 勝手にRSS購読しているだけです・・・。 :oops: (by Masayan)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする