2006 秋のモトルネッサンス

スポンサーリンク

予選出走前暫定グリッドレース当日。
決勝が最終なのでかなりゆっくりしたスケジュール。まともに12時に昼飯にできそうだ。でも、その前に10時過ぎの予選をなんとかしなくちゃね。VTRはタイヤも前日に交換し、ブレーキ回りも整備済みなので、タイヤの脱脂と空気圧と燃料くらいしかチェックするところはない。昨日の練習ではタイヤがズリズリでどうしようもない状態になり、本気でアタックできなかったようだが、タイヤが新品になり、どこまでタイムを縮められるかがこの予選のポイントだ。しかも、レースは各クラス混走で40台以上が出場するため、1台でも抜いて前に陣取りたい。今回ばかりは、予選出走1番を目指して、ウェティングエリアに駆け込む。・・・ケニーさん、早っ!(苦笑) 予選出走前リザルトは、ケニーさん、フクちゃん、アミーゴのトリプルフィニッシュ?となった。

特にアミーゴのマシン、999Rは凄まじい。カーボンホイール装着! 初めて見たぜ。ヨダレが出るぜ。エンジンもイジってあり、連覇を狙っている模様だ。しんばしさん曰く、「このマシンなら鼻くそほじりながら38秒出なきゃおかしい」・・・と。

さて、予選。早く出たのがよかったか、45秒台が続く。こりゃ、過去最高の予選かと思ったのだが、周を追うごとにタイムがドロップ・・・。ちょっとこんなはずではないんだが・・・的な予選となった。う~む。また、コーナー出口でズルズル逝ってるらしい。これは以前ハマった悪いパターンっぽい。Fサスの底づきは昨日の変更によって緩和されたが、向きの変わり方が悪いという。なんせ自分も似たようなバイクを手に入れた手前、いろんなことが参考になるわけで、勉強しがいがあるちうもんです。

予選結果: 1’45.238 総合19位 (クラス5位)

タマネギたっぷり!しかし、その辺はフクちゃんに任せて我々は本日のメーンイベント「ハヤシライス」に突入しなくてはならない。今回は3日が祝日で普通の会社なら3連休。西脇レンジャーもいろいろと都合があわず、2号ちゃんだけ参加というかつてない人手不足に直面していた。だが、捨てる神あれば拾う神アリ。偶然、居合わせたしんばし、こけさんを2号が捕獲。場を仕切ってタマネギの皮むきを命じだした。しんばしさんなどは、サーキットに向かう途中にMMRTからの緊急連絡でマヨネーズをゲトしてくるというパシリ役を演じていた。皮むきが終わると千切りの指導に移る2号。暴挙である。知り合いとはいえ・・・ねぇ? オンナ・・・おばさんは怖い。こけさんなど子分扱いである。(オラ知らねー)

なぜそこまで認知度があるのかわからないが、みんながみんな私がタマネギ嫌いだと知っている。犬じゃあるまいし、食ったら中毒になるわけじゃないんでそんなに気を使っていただかなくてもいいんですけど・・・。みなさん、そういうネタに目がないようで一斉に攻撃してくるんですな。分量的に6ヶなのに1ヶ増やそうか?とか、タマネギ触れますか?とか・・・。みんなで集まってワイワイ言っている時が一番楽しいっすなぁ。バカ言っている割にバイクの話になると目が三角になったりして・・・。ネットで知り合ったなど嘘のようですわ。

その間にドンドン進行してゆくハヤシライス。いい感じになってきたが、味見をすると?? なんか味薄い。ってか、ワイン味? レシピには最後は塩コショウで味を調えると書いてあるので、ひたすら、投入。(怖) そして、ひたすら煮込む。内心、冷や汗だ。だいたいやね、おいしいハヤシライスの味を知らないてーのが問題。(爆) それでも、なんとかなるものです。みなさんにおいしいと言っていただきました。(目の前で「おいしい?」って聞かれても・・・ねぇ・・)

こけさんにダメだしする2号完成図
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする