2007 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記

スポンサーリンク
071019norikura-002071019norikura-003

残り500mで、信大の子と差が詰まり始めたので、少しペースを上げて行く。残り100mでほぼ届く範囲に追いつくことが出来た。そのままゴール前のレーンのどちらに入るかギヤを落として様子を見る。彼が右に入ると確信した瞬間に、ギヤを2枚掛けて一気に左のレーンを駆け上る。並んだ瞬間に彼の「ああー、やられたー」って叫ぶ声が後ろに飛んで行く。そのままの順位でゴール。ゴール後、信大の子と少し話をして、奥の駐車場まで進んだ。

その途中で今年もストップウオッチを止め忘れているのに気付く、正確なタイムは分からなかったが、10分を切っているのは確実だった。荷物を受け取り、汗を拭いてリフレッシュゼリーや補給食を取り、下山の準備をする。Takaさんもゴールしてきて、健闘を讃え合い下山待機所に向かう。今年は、今までで最高の景色が完走を祝ってくれているようだった。自転車を入れて写真を撮り、知り合いにメールを送って下山開始を待った。

071019norikura-004071019norikura-005

今年もトップグループで下山となる。去年よりマナーが良かった感じがするが、後ろの方では罵声を上げる変な奴がいたとのこと。下山はレースじゃないんだけどなぁ~。結果は、1時間6分59秒と自己記録を3分6秒更新。クラス48位、総合80位と一応今年の目標は達成できた。来年は、もっと上を目指したいが、抽選という壁があるので、どうなることやら。。。。。。。。。。

下山後、宿の露天風呂で、汗を流す。これが最高!

クラブのみんなも満足の行く記録が出た様子。1人を除いては・・・。絶好調宣言をしていたINOくんが、抜かれた覚えは無いんだけど、私より先に下山していた。彼は、走行抵抗を下げるために、メカニックのYMくんの忠告を無視して、朝ひそかに空気圧を上げて行って、2km地点でバーストリタイヤとなったとのこと。彼がみんなの笑いものになったのは言うまでも無いが。。。。。。

と、ことしも夏の大イベントは無事終了したのであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする