第2回しらびそ高原ヒルクライム大会 参戦記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2008年 5月18日(日)

080528shirabiso-001

AM2:30 起床。今年も当日移動日帰り遠征となった「しらびそ高原ヒルクライム大会」。身支度を整え、集合場所の会社の駐車場へ車を走らせる。

今年は、実業団3人・市民レース2人の5人で遠征。車2台に分乗し、青崩れ峠で分断されている酷道152号で長野県飯田市を目指す。6:00 上村の道の駅「かぐらの湯」で休憩。朝食&トイレを済ませ、受付場所の大河原キャンプ場を目指す。早めに着いたので、受付テント近くの駐車場をGet! 受付を済ませ、バイクとウエアの準備をする。スタートは実業団の BR-2 が 9:00、2分おきに BR-3・市民レース各クラスとなっている。アップを兼ねてキャンプ場の最上部まで走ってみる。まあまあ調子は良さそうだが、早起きと運転の疲れを感じる。車のところに戻り、前夜のジロデイタリアのDVDを見ながら時間を潰す。実業団組みは、ウオームアップオイルを塗ってアップを開始。8時前にスタート地点に移動し、下山用の荷物を預け、自分の出るクラスの集合場所で待つ。昨年のスタート地点から300mちょっと下ったところが今年のスタート地点になっていた。Aクラス(29歳以下)と同時スタートであり意気の良いヤツについて行く作戦を決行するべく前の方に陣取る。スタート30分前くらいに、前回八ヶ岳で一緒になった牛丸くんが通りかかったので、声を掛けスタートまで話をする。今回は走り込んできているようだし、ホイールもディープリムのBORAからロープロファイルのハイペロンを付けて来ていた。

開会式らしきものが始まり、安田大サーカスの団長さんも参加しているとのアナウンスが・・・。年齢別クラスにエントリーしていたようだが、主催者側の陰謀じゃなかった取計らいによりエキスパートクラスでの出場となった様子。団長さんはバイシクルクラブという雑誌で記事を書いているくらい自転車好きらしいので、どれくらい走れるのか興味があったが・・・。

スポンサーリンク
  • 131001_12.jpg
  • 080601norikura-002.jpg
  • 110619_st600-3-05.jpg
  • 090628azami-015.jpg
  • 121105_IMG_2480.jpg