2008 ツール・ド・美ヶ原 自転車レース大会 参戦記

スポンサーリンク

宿は昨年と同じ『レイクサイド美鈴』である。今年はツール・ド・美ヶ原パックという1泊2食&レース後入浴OKで15:00チェックアウトというお得なパックが設定されていた。チェックインを済ませ、一応バイクのセットアップをすることに。普通は当日の朝まで積みっぱなしなのだが、TDくんとHUくんがヤル気満々で、つられてセットアップをすることに。翌朝、雨の中セットアップするのも辛いしなぁ~なんて考えながら・・・。

セットアップ後、コースを1kmくらい走って、車体全体の調子と変速の調子を確認しておいた。TDくんとHUくんは宿の玄関前に、私は車の中にバイクを置いて、風呂に入りジロのDVDを見ながらくつろぐ。18:30から夕食、バイキングなのだが結構重そうなメニューが多く、明日のレースを考えながら軽めのメニューを選んで取り、アルコールを我慢したが・・・。食堂から美鈴湖を見ると雨がポツポツ…。やはり明日は雨のレースになりそうな予感。この程度の降り方なら良いなぁって

食事が終わって、まだ19時。やることも無くDVDを見ながらゼッケンを付けたり、テーピングをしたり準備を行う。雨が気になり外の様子を何度も見ながら・・・。浜松組の4人が風呂から上がって、私達の部屋に集まり、コースや走り方、自転車談義など話がはずみ、楽しいひとときを過ごす。ジロの16ステージのDVDが終了したところで、解散となる。なんとなく寝付けないので、我慢していたアルコールに手が出る。自販機で一番絞り500ml缶を購入してしまった。あっという間に飲み干し、就寝zzzzzzzz。

29日朝、外の様子が気になり、4:30ころ目が覚める。
予想通り雨、それも昨夜より雨足が強くモチベーションが急降下。布団の上でゴロゴロしながら過ごし、5:30から朝食。ほかの宿泊者もかなりモチベーションが下がっている様子。私はこの時点で、DNSを決める。理由は「走っても楽しくない」が一番で、コースレイアウト上危険箇所が多いことと、雨中走行での自転車へのダメージが大きいことである。そういうわけで、朝食バイキングはガッツリ食った。部屋に戻り、野球場に居るはずの仲間に連絡をとろうとするが、携帯圏外箇所でありつながらない。仕方なく宿の下駄を履いて、傘を借りて外に出る。宿の出口付近にオレンジ色のジャケットを着た人と警備員らしき人が立っていたいので、声を掛ける。本部で開催可否の検討中とのこと。まだ連絡は無いらしい。

美鈴湖沿いを携帯のアンテナを見ながら歩いて行くと大きな水溜りがある。車が通過すると左右に大きな水しぶきがあがるほどなので、自転車が突っ込んで行けば転倒のリスクが高そうである。(中央線以外は危なくて走れそうに無い)ようやくTくんと電話がつながる。野球場のひさしの下で待機しているとのこと。大会本部からの発表は、まだ無いとのこと。電波状態が悪く何度も切れるので、これ以上の連絡は諦めて宿に戻る。戻る途中、大会関係者を乗せたマイクロバスが2台スカイラインを登っていく。本当にやるんだろうかと首をかしげながら宿に戻ると私を除く6人はウエアに着替えて、ヤル気満々! 一旦部屋に戻って、外を見ているとさっき登って行ったマイクロバスが下りて行くのが見えた。すぐに宿の外の関係者のところに行くと「どうも中止が決まった様子」とのこと。宿に戻り、みんなに中止を伝える。

念のため宿の人にも確認するが、大会本部と連絡が取れないとのこと。仲間が野球場に居ることを話すと、宿の電話で連絡を取って欲しいとのこと。さすがに固定電話、すぐにつながりTくんに確認すると会場内で中止のアナウンスが流れており、みんなどんどん帰っていっているとのこと。宿にいた他の選手たちにも中止を伝えた。本部の人たちはギリギリまで悩んだのだろうが、状況から見ても妥当な決定と思われた。中止後、個人の責任でコースを走った人が、上の方は雨と霧と風で危険な状態だったとブログなどに書いてあった。

080629utsukushigahara-002とりあえず、バイクの積込みをすることに。こんなことなら、セットアップしなきゃ良かったって言いながら、宿の玄関の軒下に車を入れさせて貰って、分解梱包し積込み完了。そこに浜松組のTBくんとMYくんがずぶ濡れで帰ってきた。計測チップを返却に行った帰り、激坂を走ってきたとのこと。なかなかやるもんである。激坂組みと一緒に風呂に入り、荷物を片付けチェックアウト。大会会場に寄って、計測チップを返却して、帰路につく。松本~飯田まで高速で、自分的にはR152で帰りたかったが、同乗の2人が「ダメ!」って言うので、R153~R257ルートになった。14:00ころには会社の駐車場に到着し、雨が強かったので立体駐車場に移動して、荷物を降ろし、解散となった。

島田組は、早朝の雨でDNSを決め、早々に引き上げたらしく、お昼前には自宅に着いていたようである。本社のR52組は、途中温泉に寄ったりして15時過ぎに到着したようである。

という感じで、1泊2食 松本往復でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする