第5回全日本実業団富士スピードウエイサイクルロードレース 参戦記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2008.07.05

7月4日12:00会社の来客駐車場に集合。今週はFISCOでのロードレース参戦である。NN村くんから電話があり、新城のレースを見に行って帰りが遅くなって集合時間に間に合わないとのこと。Y田くんと私は、30分以上待たされてしまい、おいて行くかって話をしていたところに漸く到着。急いで荷物を積み込み、約1時間遅れで出発。袋井ICから東名に乗り、富士川SAで休憩後、御殿場ICからR138・R246で富士スピードウエイに向かう。西ゲート前で受付を行い、山中荘に向かう。ナビは最短ルートで県道を示すが、無視して須走からR138で篭坂峠を越えて山中湖に出る。予定より早かったが、チェックインを済ませ、部屋でくつろぐ。お風呂は17時から、夕食は18時からと時間があったので、山中湖までお散歩し、帰りにコンビニに寄ってアイスを購入。食べながら周辺を散策し、酒屋で美味しそうなワインを見つけ2008もの・2004ものの2本を購入。宿に帰り、風呂に入り、夕食となる。先週に引き続き、囲炉裏で串焼き…。最後に、残ったご飯でおむすびを作って焼きおにぎりにした。部屋に帰り、コンビニに朝食を購入に行こうと宿の玄関を出たところに、M月一家が到着。子どもさんのサッカーの試合で出発が遅くなり、途中で夕食を済ませ、温泉に入ってきたとのこと。コンビニから戻って、M月さんの子ども達と遊んだ後、もうひとっ風呂と思い、風呂場に行ったが既にお湯は落とされ、掃除された後であった。

5日4:10目が覚める。昨夜は早めに寝たので寝起きもスッキリ!朝食を取り、トイレを済ませ、片付けを行う。出発前にチームジャージに着替え部屋を出る。予定通り5:00に宿を出発。先週同様、大会会場に向かう朝の道路は、車が走っていなくスイスイ進み、篭坂峠を下り富士霊園の前を通ってFISCO西ゲートへ20分で到着。通行PASSを見せて入場。場内の道路をパドック方面に移動。駐車場係りの人に案内された駐車スペースに入るが、パドック裏の駐車場が空いているように見えたので、ゲートOPENに間に合うように入った仲間に連絡すると、「沢山空いてるよ~」とのこと。駐車場係りの人に「上の駐車場にメンバーが居て、スペースを確保してくれているので入っても良いか」と話をすると「スペースがあるのならOKです。」とのこと。さっさと移動を開始。思ったとおりタイヤ倉庫裏は、がら空き状態で仲間の近くに駐車した。早速、荷物を降ろし、バイクのセットアップをして、コースを1度も走った事が無かったので、試走に出た。かるく1周のつもりだったけど、時間があったので2周回って、アタックポイントと考えていた最終コーナーへの登りで足を使って見たが、斜度が今一で絶対的な差はつきそうに無いなぁって印象だった。2周回って、ピットロードを走りパドックに出ようと思ったが、ピット先端の通路が開放されておらず、結局ピット前を逆走し、ピット内を通過してパドックに出た。時間を見たらスタートサインが始まっている頃だったので、受付に行きスタートサインを行って車のところに戻った。

090705fisco-001車のところに戻り、試走中にアウター側でチェーンが落ちたのでフロントディレーラの調整を行った。スタートまでまだ時間があり、バイクをローラー台にセットし軽く体を動かして時間をつぶしていた。10分前になりスタート地点に移動すると、既に殆んどの選手が集合しており、我々4名は最後尾に並ぶことになった。コース上にカラーコーンが置かれておりメインストレートの半分しか使えないようにされていた。これは市民レースのエンデューロの時のゴール誘導の為だと思われるが、コース幅を狭めていることでコントロールライン付近は危険な状態になることが予想できた。最初のレースだったので、予定通り7:00ちょうどにスタートが切られる。まず1周目の第1コーナーにほぼ最後尾で入る。前の方では位置争いをしながら接触しそうになって大声を出している選手も居る。下りに入り 2コーナーを過ぎると車速が上がる。60km/hくらいでコカコーラコーナーに入るかと思ったところ、集団前方が失速し集団が横に広がる。なんでこんなところで失速するの?って感じ。再加速して100Rに向かいヘアピン手前の登りでまた集団失速。滅茶苦茶走りにくい。ヘアピンのイン側を徐行して300Rのアウト側を走りダンロップコーナーの位置取りで落車が起きる。最後尾付近を走っているのでラインは選びたい放題。落車を避け、シケインは使わないのでそのまま13コーナーへ向かっての登りで少し前に出る。13コーナーからネッツコーナーへは少し下り気味なので加速し、最終コーナー(パナソニックコーナー)への登りに備える。ネッツコーナーのインを舐めるように走り、最終コーナーのアウト側の傾斜の緩いラインを登っているとイン側で行き場を失った選手同士が接触し落車発生。並走する技術が低すぎる感じがした。メインストレートに出るとペースが上がる。

スポンサーリンク
  • 090628azami-013.jpg
  • 090712norikura-004.jpg
  • 050404_KIF_0017.JPG
  • 01fujiyama-non.jpg
  • 080906katsuyama-015.jpg