第2回全日本実業団ヒルクライム in 伊吹山 参戦記

スポンサーリンク

BR 1がスタートし、2分後にER 1組、その2分後にER 2組のスタート。
今回は初戦ということもあり、様子見で若干抑え目に走るつもりで、最初の 2kmくらいでアップし、残り 15kmをレースモードの予定だったが、『パァーン』というスタートの合図でスイッチが入り、いきなりレースモードに・・・。全くアップをしていなかった割に体は動くが、コース幅が狭い上、下山中の市民レーサーが対向車線を塞いでいるので前に出ることが出来ない。前方を見ると1人黄色いジャージの選手が逃げている。序盤の為か集団先頭は追う様子は無く、淡々と走っている様子。早く集団の前方に出たいのだが、市民レースと違い、みんな最初からハイペースで進んでいるので回りを囲まれ動きが取れない状況が続く。団子状態の中、接触を避けながらの走行を強いられ、ストレスが溜まる。ようやく市民レーサーが居なくなり反対車線に出て一気に前を目指す。あまり長く反対車線を走っているとペナルティになるので、前を塞がれて抜くラインが無い時だけセンターラインを越えるように気をつける。そんなことおかまいなしに反対車線を走り続ける選手も居たけど、あの状況では仕方ないかと思った。

前方に見覚えのあるジャージが目に入る。浜松の Shopチーム『C.C.You』さんの選手が居た。何度か抜きつ抜かれつを繰り返しながら振り切って前を目指す。4km手前で集団先頭に追いつき、ひと休みと思ったところで、もう 1人黄色いジャージの選手が逃げ始める。明らかにペースが速いので誰も付いていけず、見送る形になる。集団から切れ始める選手が出始め、縦長になりつつ進む。10名くらいの集団になったところで、集団先頭に並びペースを上げる。徐々に集団が崩壊していき3人になったところで、並走する『チーム光』の若い選手と会話する。もう1人の選手は、前に出ずツキイチ状態。平坦や下りで光の子がペースを上げ、登りで追いつきペースを保つことを繰り返すが、一向に前に出てこない。それに引き換え光の若い子は、私が前に出るとすぐ反応し並走してくる。こういう選手はイイもの持ってる。若そうだしこの先楽しみである。ペースを上げ下げしても全く気にせず直ぐに並走になる。3位グループなのでここで頑張って先頭を取れば、BR 1申請昇格できるというのもあるのだろう。今回のレースで昇格を狙っていない私は、気持ち的に余裕が有ったので何度かペースアップしたりミニアタックを仕掛けてみたりしたが、さすがに前の方を走る子達である。すぐに反応して付いて来る。会社のクラブの練習会では味わえない感じの競争が出来て楽しくなってしまう。フィッツの監督さんに追いつき挨拶して前に出る。その前方にはER1組のTくんが見える。いい感じで走っているが、こちらの方が少しペースがいいので徐々に追いつく平坦になったところで、光の子がペースを上げたところで追いつき、合図をして前に出る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする