第5回全日本実業団サイクルロードレースin飯田 参戦記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009.09.27

実業団レース10戦目。飯田市の天竜峡の一般道を規制して行われる飯田ロード。一時期の不調から回復しつつあり、アップダウンの激しいコースとのことで、播磨のコースより自分に向いていると思い参戦することにした。今回は、若手のNN村くんと2人で遠征となる。前日受付・監督会議のため27日に現地に移動する。9:00過ぎにNN村くんをひろって独身寮を出発。天竜二俣から県道9号で東栄にに抜け、R151で天竜峡を目指す。ワインディングを気持ち良く走りたかったが、荷崩れの心配があり、60km/h前後に抑えて走る。交通量は極めて少なく、ほぼ全行程快適に進んだ。寮から135km約3時間で天竜峡駅に着く。駅から1分くらいの位置にある、受付&監督会議用の指定駐車場『あざりあ』に向かう。入口で駐車許可証を見せると、ゲートを開けてくれた。奥の少し広いスペースに駐車し、とりあえず昼食をとることに。あざりあを覗いてみたが、食事は出来ない様だったので、駅前方面に移動。駅の横に大衆食堂があったが、NN村くんは少し先の高台にある蕎麦屋を選択。店に入った瞬間、失敗したかな?って感じだったが、旅人1人とレースに来たチームの人が8名の9名が居たので、そのまま空いていた座敷に上がる。おばあさんがお水を持ってきて簡単にメニューの説明をしてくれたが…。『信州おろし蕎麦』を注文。30分くらい待たされて出てきた蕎麦は…蕎麦はコシは無く機械で切った感じで味気なく、小エビを揚げたものが食感を台無しにしていて外れだった。これで1000円ってどう言うこと?天蕎麦どんベエや緑のタヌキの方がマシだったかも?てな感じで、時間とお金を無駄にした昼食を終了し、監督会議前にコースの試走に出ることにした。

ロードバイクをセットアップしてウエアに着替えてから、ボトルに半分くらい水を入れ駐車場を出発。一旦、スタートラインまで行き、Uターンして試走開始。コース図を持ってこなかったので、記憶を頼りに、1km毎の看板を見つけながら進む。鋭角に左折し1kmを過ぎると登りに入る。途中、右折して更に少し登る。平坦から少し下ってからまた登りに入り2kmを過ぎる。再び平坦路になり右に大きく曲がりながら登る丘を越えて左コーナーの下りで3km。橋を渡って徐々に登る。その先を左折し、細い脇道に入り4kmポイントを過ぎると、急勾配の『りんご坂』に入る。そんなに長くは無いけど結構な急勾配で勝負どころになりそうな感じ。坂を登りきって左折すると右に曲がりながら下り坂に入る。そのまま回り込んで左右に振りながら下り、左急コーナーを抜けると5km地点。少し登って右に曲がりながら下り、少し左に曲がりながら下りきり、そのまま直進して第2関門の交差点を通過する。(試走ではここを左折してDNFルートに入ってしまった)小さなアップダウンを過ぎて、右に曲がりながら下り6km地点の左ヘアピンコーナーを抜けてまた登りに入る。右コーナーを抜けると7km地点を過ぎる辺りまでダラダラと登る。交差点に出たところで左折すると、眼下に天竜川が広がり、ダウンヒルセクションに入る。下りの苦手な私にはちょっと辛いが、前半部分は路面も良く気持ち良く下れる。足を止めていても簡単に60km/hを超える。ストレートから右・左・右(8km)・左・右・左と気持ちよくコースを外れて行ってしまった。3個目の左の途中を右折しなければならなかった様子。思いっきり間違えて下り切ってしまいDNFコースに出る。迷いに迷ってコースに復帰するが、カットしてきた部分を逆走して確認する。右折箇所は逆バンクになっていて、侵入スピードが重要に思えた。すぐに左に切り返して落ちるように下る。この左は回りこんでいる上クリッピングを過ぎる辺りに舗装の補修があり、ドキっとする。右コーナーを過ぎてストレート、もう一度右に振って、左・右と連続コーナーを抜け、ストレートからDNFコースの下をくぐる立体交差を過ぎながら右・左(9km)・右・左・右とトリッキーな連続コーナーを抜け、右直角コーナーへ向かう。この直角コーナーが曲者で、進入部アウト側にマンホール交差点手前にグリーチング、交差点に入ると中央線の向こう側が逆バンク、脱出ライン近くに四角いマンホールと、進入スピードとライン取りが難しいところである。ここを抜けると若干のアップダウンはあるが、ほぼ下り基調のストレートで10km地点を過ぎ、500mくらい先を左折、突き当たりを左折してメインストレートに出る。残り500mの看板を過ぎ、コントロールラインに向かう。一旦、車に戻り、NN村くんを探すが見当たらないので、受付を済ませ、コースを逆走してみることにした。コントロールラインを過ぎるあたりでNN村くんを見つけ、車のキーを渡して、受付を済ませるように指示して、監督会議までギリギリの時間だったが、先ほどミスコースした左コーナー途中の右折をちゃんと確認しておきたいと思い、もう1周試走に出た。時間が無いのでそこそこのペースで走る。途中何人か追い抜き、下りセクションの手前でSPADE ACEの選手に追いつく。その後ろについて下りに入り、見落とした右折箇所に差しかかる。前走者減速しカットインして行くのを見て右折箇所と認識できた。前にSPADEの選手が居なかったら、行き過ぎていたかも?それくらい分かり難かった。そのまま後ろについて下り、時間が無かったので右直角コーナーを直進して駐車場に戻り、監督会議に向かった。注意事項と宮田についての話で30分も掛からず終了。車に戻って、もう1周試走をしようかと思ったけど、2周回ってコースの感じが大体掴めていたので、バイクを積み込み飯田のビジネスホテルに向かうことにした。

スポンサーリンク
  • 120424_IMG_2284.jpg
  • 080906katsuyama-005.jpg
  • 140929_zennihon111.jpg
  • 110619_st600-3-06.jpg
  • 090912katsuyama-014.jpg