全日本実業団サイクルロードレースinみやだ 参戦記

スポンサーリンク

091031_miyada005下山後、地元の方々の準備してくれた豚汁を頂く。下山で冷えた体に温かい豚汁は、最高だった。バイクを車に積み込み、リザルトをチェック。1位のところに名前があるのを確認して、やっと実感が湧いてきた。宿に移動し、チェックインする。今回は4人の相部屋とのことだったが、私が一番乗り。部屋に入り、着替えを行い、温泉に入ろうかと思っていたところに、チクリHIDEの吉岡くんがやって来た。なんだ吉岡くんじゃんって…少し話しをして、温泉に行く。入ったときは貸切だったが、体を洗って、湯船に入ったところで、大勢が入浴してきて、大混雑となる。浴室内はもとより、脱衣所で待っている人も居た。風呂で疲れの溜まった足の筋肉をほぐし、入念にマッサージをしておいた。部屋に戻り夕食&表彰式までまったり過ごす。相部屋の残りの2人も到着して、自己紹介後自転車談義に…。1人はERクラスでスタート後にアタックした野田くん、もう1人は東洋水産のBRクラスの藤井くんだった。18時前に広間に移動。表彰式なので、一応チームジャージを着込んで行く。連盟の方や宮田村の来賓の方の挨拶の後、乾杯となるが、なんとビールは自腹とのこと。我々4人は、パスして無料のウーロン茶とお水で乾杯に加わった。少し食事をしたところで、ERクラスから表彰式が始まる。表彰式に出るには、この指定ホテルに宿泊するか、3150円支払って夕食を取らなければならず2、3、4、5位の選手は表彰式をパスした様子。結局、私と6位の野田くん、7位の細田くん、10位の廣瀬くんの4人がステージ壇上に上がる。長野県の自転車競技連盟の方や宮田村の方から、お米9kg、信州ドレッシング詰合せ、信州蕎麦詰合せなどの賞品を頂いた。おまけにリーダージャージと花束(鉢植え)まで…。リーダージャージは、翌日のクリテリウムで着用を義務付けられ、着なかった場合は罰金とのこと。実業団最後のレースだったので、チームジャージで走りたかったのだが…。席に戻って、食事を続け野田くんが貰ったワインで乾杯することになった。TR+BR1の表彰も終わり、テーブルの食べ物も無くなったところで、撤収。フィッツの広瀬くんが、あまり食べれなかったのでチームの人とスーパーに行くって言うのを聞いて、私も行こうって言ったところでワインを飲んだのを思い出した。飲酒運転はヤバイので、私の車を広瀬くんに運転してもらうことにして、チームの人の車に続いて宿の駐車場を出発。スーパーを目指すと思っていたフィッツチームの車はセブンイレブンに入ってしまう。広瀬くんがチームの人に一言ことわって、我々は駒ヶ根方面にスーパーを探して移動。インター前の道を左折して少し行ったところにスーパーを発見。食品コーナーでビール500ml缶5種類・つまみ・野菜ジュースとカリウム補給の為のバナナチップを購入。宿に帰って、相部屋になった4人でプチ宴会に入る。湯のみ茶碗にビールを注いで、つまみを食いながら、自転車談義。合宿みたいで楽しかった。22時を回ったところで、ビールも無くなりお開きに、野田くんと藤井くんが風呂に入っていないというので、3人で露天風呂に行くことにした。さすがに夜遅くなって露天風呂は貸しきり状態。ゆっくり入ってから部屋に戻って就寝。野田くんと私は、翌朝8:00スタートなので、5:30起床で6:00に朝食を食って、会場に移動しなければならず、その旨BR1の2人に伝えておいた。

夜中、3回くらい足が攣りかけて、目が覚め水分を補給しながら睡眠をとる。5時を回って目が覚めたので、布団の中でストレッチしてみると、足と腰に昨日の疲れが残っているようで、筋肉に違和感を感じる。念のためテーピングをしておこうと車にキネシオテープと鋏を取りに行き、お風呂の脱衣場でテーピングを行った。部屋に戻ると野田くんが荷物を車に積み込んで来たところだった。6時近くになり、広間に行くと朝食バイキングが始まっており、美味しそうな物が沢山用意されていたが、スタートまで2時間しかなく、消化を考え私はパンと野菜をメインにコーヒーとオレンジジュースで軽めに済ませた。午後スタートだったら、もっとガッツリ食いたかったところであった。(残念!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする