全日本実業団サイクルロードレースinみやだ 参戦記

スポンサーリンク

091031_miyada010ポイントの集計が終わり、私は6位入賞とのこと。前半、失敗に終わったけど周回賞狙いで獲得した3ポイントが利いたようだった。ラッキーなのはこれだけではなく、6位になったことで2日間の合計ポイントで1位となり、リーダージャージを手放すことなく総合優勝!藤森審判からリーダージャージキープだねって声を掛けられ、「このジャージを着てなかったら、途中で止めてましたよ」って答えると、「それがイエロージャージマジックだよ」って。確かにそうかもしれないなって思った。(同じところをぐるぐる回る周回レースが好きじゃない私が、最後まで走って22周回も回ったんですから…。
クリテリウムの表彰式が始まる。1位大鹿くん2位近藤くんは19歳、3位は相部屋の野田くんだった。続いて2日間総合の表彰式。優勝は私ヒルクラ優勝が利いたよう、2位はヒルクラ2位クリテ4位の永瀬くん、3位はクリテ2位の近藤くんだった。小梅の梅酒・信州ドレッシング詰合せ・信州塩丸いか・ダッフルバック・リーダージャージと花束(鉢植え)を頂いた。091031_miyada011表彰後、インタビューがあり、いきなり「他の選手と比べて、少し年齢が…」って始まり、どんな練習をしているのかなど聞かれた。2位3位の選手には「この47歳に対して次はどうしますか」なんて聞かれて困ってました。インタビューも終わり、賞金を受け取って、駐車場まで撤収となる。沢山の賞品を抱えて1km移動しなければならず、みんなどうしようって困っていた。(贅沢なんですが…)私は貰ったダッフルバックに賞品を詰め込んで自転車に乗って移動することが出来たのでラッキーだった。

091031_miyada012091031_miyada013

駐車場に戻り、バイクを積み込み、鉢植えが転ばないように固定出来そうなところに押し込んだ。積み込みをしている野田くんのところに行き、話しをしているとクリテ3位の賞品がウイスキーだったのでガックリって言うので、私はワインみたいなの貰ったので交換する?って聞くと交渉成立。ワインともっていたのは梅酒だったのだが、野田くんはワインよりも良いって喜んでくれた。(と思う)体育館前で宮田とうふ工房の方が、おみやげを販売されていたので見に行くと大豆ドーナツやクッキー、かりんとう、りんごセットが並んでいた。りんごセットはドレッシングとジャムとクッキーの詰合せでジャムとクッキーは欲しかったのだが、バラ売りは出来ないらしく、ドレッシングセットを2つも貰っていたので、大豆トリオだけ購入した。野田くんに一足先に温泉に行ってるよって声を掛けて、日帰り温泉に向かう。受付時に貰っていた割引券を使って入浴&お食事800円。温泉に浸かり足を入念にマッサージして野田くんの到着を待った。風呂を出て赤いコカコーラを買って、休憩所に行き、私は頼んでいたどんぶり、野田くんは準備してきたベーグルなど食べながら自転車&レース談義になる。12時近くなったところで、そろそろ帰ろうかと温泉を出て、またどこかのレースでの再開を約束して帰路についた。帰りは、R153から三遠南信道を通りR152 兵越え峠を抜けるルートにしたが、水窪から紅葉見物帰りのお年寄りの車に前を塞がれイライラしながら帰宅した。

◇ 今回の結果
全日本実業団サイクルロードレース in みやだ
1日目 ヒルクライム
みやだ高原11.2km 標高差880m
ERクラス 優勝 40分52秒(151ポイント)

2日目ポイント式クリテリウム
みやだ村りんご畑周回コース(1周2km)60分+5周
ERクラス 6位 3ポイント (71ポイント)

2日間総合成績
ERクラス 総合優勝 TOTAL 222ポイント

これで、実業団参戦は終了です。
最後に良い思いが出来てラッキーでした。個人的な都合により、来シーズンから暫くレース活動を縮小しますが、また準備が整ったところで再開するつもりです。その際は、また応援を宜しくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする