第24回 マウンテンサイクリング in 乗鞍 参戦記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009.08.29~30

090829norikura-001090829norikura-002

8月29日7:00 会社の来客駐車場に集合。
今年は、12名と予約している宿のキャパいっぱいの参加である。車3台に分乗し、7:30過ぎに出発。高速1000円だが、東名-名神-中央道で松本経由だと100km程度遠回りになるので、29日は受付だけだし、いつもと同じルートで移動する。

浜北経由でR257に入り、金指街道を北上。愛知県に入り満光寺の先のサンクスで休憩。長篠から県道32号-389号とつなぎ多峯までR257をショートカットする。設楽を抜け、昨年のミスコースポイントを過ぎ順調に岐阜県に入る。恵那手前の阿木川ダムで休憩し、R19に入る。恵那から先の2車線化が進んでいたのと、高速休日割引の効果で渋滞も無く快調に進む。R19に入ってから2つ目の道の駅『大桑』で昼食を取る。木祖村から県道26号(野麦街道)に入り、途中のスーパーで買出しして、奈川渡ダムを目指す。ダムからR158に入り、数個のトンネルを抜け、前川渡交差点を左折し県道84号で乗鞍高原温泉まで登る。山の上の方は雲を被っており、宿の横を通り過ぎ、そのまま大会会場の受付に行くことにした。駐車場が空いていなかったので、いつも帰りによるお土産やの駐車場に停めることにした。

受付を済ませ、参加賞を受取り、会場を歩いているとブリヂストンの藤田選手がNewモデルを押して歩いていたので、新しいフレームについて話を聞いてみた。最近のトレンドとなっているヘッドの下側Brg.のオーバーサイズ化がされて、前三角もかなり太く剛性も上がっている様子。フォークも現行モデルよりシャープで格好良くなっていた。
価格は50万を切る設定で、若干ではあるがサイズと硬さを好みに合わせて選択できるシステムで、来年の4月以降のリリースとのことだった。欲しいけど予算が.....。

会場内の出店を物色し、パワージェル2個と9速用のチェーンを購入し、『唐松荘』に向かった。今年は、12名(予約は10名)でお願いしたので、先輩達が使っていた2部屋(雷鳥とこまどり)になった。適当に6名ずつ分かれて部屋に入り、私は温泉に、他の連中は自転車のセットアップに取り掛かったりしていた。

常連さんたちと会話しながら露天風呂に1時間くらい入り、駐車場横の湧き水で冷やしたビアテイスト飲料で喉を潤す。(今年は、6月後半より調子が悪くなり、乗鞍前1週間はアルコール摂取を控えていた)まだ自転車を弄ってる者、会場までチェーンをメンテしてもらいに行った者など、ヤル気満々って感じだった。
18時を過ぎ、夕食の準備が出来たとの連絡があり食堂に行くと、今年は満席に近く抽選が開始される前の賑やかさに戻っていた。やっぱり乗鞍前日の唐松荘はこうでなくっちゃ!まずはビールで乾杯。1週間ぶりのアルコールは旨かったが、今年はコップ2杯で我慢した。絶品の馬刺しをはじめ美味しい料理に大満足。部屋に戻り、就寝前に温泉療養で調子回復を狙ってもう一度温泉に入った。朝4:30に起きて、1時間アップし6:00から朝食を軽く取り、6:30過ぎに会場へ移動し下山用の荷物を預けて、7:30のスタートに臨む予定で、いつもより早めの22:00に就寝。

何か変な音が耳に付き目が覚める。携帯の時刻表示を見ると4:00である。起きるには少し早いのでもう少し寝ようと思うが、音が気になり、窓を開けると...。

スポンサーリンク
  • 110516_st600-09.jpg
  • 090912katsuyama-001.jpg
  • 081109st600-open-kenny.jpg
  • 170509_IMG_0437.jpg
  • 151019_IMG_0341.jpg