第24回 マウンテンサイクリング in 乗鞍 参戦記

スポンサーリンク
090829norikura-003090829norikura-004090829norikura-005090829norikura-006090829norikura-007

今年はガスが掛かっていて景色は見えず、気持ち的にも力が湧いてこない。残り3kmを過ぎた地点から上を見上げると、先頭がゴール前の直線に入って行くところが見える。ペースは上がらず、このままでは10分切れないなぁって思いながら走る。雪渓前あたりからカメラマンや応援の人が増える。ヘロヘロの写真を撮られないように、カメラマンの前だけは頑張って走っていると、少しだけペースが上がる。残り500m後ろを振り返ると2人追ってきている。足に来ているので少しずつ追いつかれているのが分かる。ギヤを軽くして、負荷を抜き少しでも回復できるように回す。残り200mの看板を過ぎたところで再度振り返ると差は20mくらい、最後の力を振り絞ってダンシングでスプリントを掛ける、前を走る選手には追いつけなかったが、後ろの2人からは逃げ切ってゴールすることが出来た。ゴール後にストップウオッチを見たら、67分11秒だったので、スタートをさせるのが遅れた分とストップさせるのを忘れた分を差し引いても7分前半で走れたことになる。調子が悪く記録は期待していなかったが、昨年並みのタイムは確保できたことでひと安心。駐車場まで下り、バイクラックに自転車を引掛けて下山用の荷物を取りに行った。荷物を受取り、駐車場に移動するとき牛丸くんに会った。今年は7位入賞だって言ってた。(オープン参加の選手が居たので、公式結果は6位)次はどこ出るの?って聞いたら、考えていないとのことだった。でも毎年、しっかりと乗鞍にコンディションを合わせてくるところはさすがである。私なんか、6月後半から調子が落ちっぱなしで、今年も満足行く結果を出せなかったのだから...。

駐車場の隅っこで、着替えをして最初のグループで下山するために、待機所に向かった。途中、ゴールしたばかりのSくんを見つけ声を掛けると、8分半くらいだったとのこと。膝の手術から復活し、調子は上々のようである。来年は抜かれてしまいそうな感じがした。濃霧の中、下山が開始されたが、いつもより登ってくる選手の数が半端無く多く、左端を1列で下っているのに衝突しそうになった。あとでエントリーリストを見直して人数を確認すると、昨年より500人も多い4431人がエントリーしていた。確か定員3500名だったはずなのだが...。

下山後、温泉に入り、みんなの下山を待って片付けをし、来年の予約をしてチェックアウト。お土産を購入しがてら会場にリザルトを見に行ったが、今年は入賞者のみの掲示であった。それにしてもTopは56分08秒とは...。

◇ 今回の結果
第24回マウンテンサイクリングin乗鞍
チャンピオンクラス 52位 ・ 総合107位
1時間07分08秒(昨年の6秒落ち、ベストから9秒落ち)

来年こそ・・・!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする