2012 OKAYAMAロードレース 第2戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎戦毎戦ドラマがあるとはいえ、もう 2001年のストリートカフェ時代からレポートを書いているので10年以上。そろそろ、ボクもネタに窮しているわけで、それよりもなによりも別に誰も見てねーんじゃねーか? とかも思うわけで・・・。そんなことがちらっと頭をよぎった2012年 春。

今回は仕事で21時ごろまで時間を取られ、出発が遅れる。しかし、何が幸いするかわからない。遅くなったおかげで、西脇2号を和気駅でピックアップ。

すばらしいセンス

ピットに着くとくろすけ師匠と動画チェックして大反省会が開かれていた。珍しい。前夜はだいたい整備か呑んで寝るだけなのに・・・。しかし、土曜日は晴れだったが、明日はレイン。予報が正しければ、「ヘヴィー」レインのはずだ。すんなり反省通りに走れるとは思えないのだが・・・。

昨夜から風が強く、雨も強くなっていたのだが、今朝も変わらず。ピットに行くともうフクちゃんは前後輪外してレインに換装しようとしていた。さすが、お年寄り。朝に強いですのー。連日の疲れが祟って風邪までひいているというのに・・・。しかし、今日は何かが違う。とにかく、モノがよくなくなるのだ。まず、14mmソケットが行方不明になった。人の記憶というモノは曖昧なもので、覚えているところまでしか出てこない。直前にしたことなど忘れていることが多いよね。ハマってました。w

その後もいろいろと行方不明になってたけど、GPSロガーのカバーがころりんと落ちたときも、「秀吉のようやな。」とか嫌なことを言う。彼はその後事故にあったではないか。でも、そのとおりというか、発電機の向こう側から出てきたのはデジャブなのか?(なむー)

予選は9:50から。雨はそこそこ降っているので、ぎりぎりまでピットでウォーマーをかけて出撃。今日はO師匠がお手伝いしてくれるので、ボクは補佐役。いつまで経っても一人前になれませんなー。

ピットロードで隣のモニターを盗み見て、サインボードを出すO師匠。さすがだ。立っているものは親でも使え!を思い出す。w 1周目、クラストップ?! むぅぅ、これが真の雨オトコの実力なのか。

結局・・・

予選 総合7位(クラス3位) 1’59.743

これでもクラス3位。しかし、インターの選手は速いですなー。7秒も開いています。

決勝は、15:30からなので、時間がありありです。次第に天気は回復し、風も雨も治まってきました。決勝に向けてボロカウルからヨソイキカウルに交換して待ちます。

昼食後、フクちゃんお昼寝の間も雨はほぼあがった状態。これでレースが続けば、ラインが乾いてくる可能性も出てきました。これは大変! またしてもタイヤ選択に悩むことになるかもしれません。O師匠と悩みますが、「レイン」でしょうと意見が一致。ボクは雨雲レーダーからスタート時間近辺でもう一度降ると予想。O師匠はコース状態から乾くまでいかないだろうと予測。チーム首脳陣ぽい会話であります。w

ぜんぜん雨が降ってこないので、14時すぎにウェイティングエリアにマシンを運んでしまいました。イチバン乗り。(えへん)

ドヤ背中w

15時前にパラパラと降ってきましたよ。なかなかのもんですな、無料の天気予報も。(笑

スターティンググリッドで待機しているとメインスタンドには、今勢いに乗るライダー「ケント選手」の応援団が大挙つめかけていました。

「オレが黙らしてやんよ」

(雨)オトコは言い放った。w 黙らされなければいいのだが・・・。 :mrgreen:

決勝スタート!
言い放った割にスタート失敗し、2つ順位を落として帰ってきた。後から知ったのだが、総合3位の#2 R6のT選手はナショナルST600だった。どんだけ速いねん。

水しぶきはあまり上がっていないので、ヘビーレインというわけではない。そのせいかタイムは精彩に欠ける。集団の中にはいるものの、前が開き始め、後が詰まってきた。終盤、明らかに雨が強くなってきたとき、オトコは蘇る。(笑) 先頭の転倒にも助けられ、クラス4位まで上がってきた。ラスト1周。あと1台抜けたらなんと表彰台である。スタンド持って走らねばならん。

決勝 総合10位(クラス3位) 1’53.867

なんとラストラップで抜きおった。抜かなくても違反失格で繰り上がっていたのだが(笑)、それでも抜いて3位の方がやっぱり気分いいよね。

どもども・・すごいだろ何年ぶりやろか?一番えらそうですw
再びシャンパンファイトができるとはwあーどもども違う色も欲しいなぁw

すいませんすいません。もう2度とないかもしれないので画像多めです。 :lol:

地方選手権参戦から6年。普通に考えても遅咲きなのだが、年齢を考えると狂い咲き?w ST600以前でも雨に関係しての表彰台ばかりなので雨が降らなきゃ勝てないオトコということになっているのは公然の秘密。それよりもなによりもポイントだ。これでかなり昇格が現実味をおびてきた。40秒切れない国際ライダーとかありえへんとか思うのだけど、今シーズン中に達成してくれるだろうか?

じゃあ次戦は2位で!

誰かが言っていたが、第1戦が4位、今回が3位だから、第3戦は2位でその次には優勝だねと。真価はドライで試されるのだ。 :wink:

※ 番外
2号がドヤ顔で持ってきた。w

サイダーはあまり得意ではないらしい

スポンサーリンク
  • 170314_donadona.jpg
  • 170710_IMG_20170709_095405.jpg
  • 171003_IMG_2084.jpg
  • 131001_15.jpg
  • 081109st600-0749.jpg