2014 OKAYAMAロードレース 第4戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先月からの連戦。もしや今月はパスか?と思われたが、前戦があまりの出来だったためリベンジする模様。返り討ちにあわなきゃいいのだが・・・。(汗

ボクが直前に胆嚢結石による1日闘病生活(殴)をしたため、ちょっと不安が残る。ボクはまるで気にしてないのだが、嫁さんがやかましいので、痛みだしたときの保険として連れて行くことにした。カメラを渡しておけばバンバン撮るので、ネタには困らないかもですな。w

前夜、1ヶ月ぶりに会うフクちゃんは更に健康オタクに変貌していた。前回の練習で熱中症になり、まず塩飴漬けに・・・。また、炭水化物断ちも行っており、白米やポテチも断食していた。むむむ。確かに健康を損なうとレースどころではないのだが、それもなんだかなぁ~と思ってしまう。

当日
ミニバイク耐久があるため、スプリントは午前に押しやられる。うだうだする時間は少ない。こっちの方がボク的には好きなのだが、他の人はどうだろうか?

天気はかなり心配されたが、どんより曇っているものの降ってくる気配はない。なので、タイヤチェンジもなくピットで安泰。欠席が伝えられたくろすけ師匠が緊急ピットイン。w バカな子ほどかわいいというアレなんでしょうかねぇ?(殴蹴

予選スタート。ピットレーンでモニターを眺めてるといい感じでタイムアップしている。

予選 総合18位(インター11位) 1’40.117

前戦より少しいいタイム。あと少しで40秒を切れるところまできた。やっと、去年の全日本前に戻ったってところかな? 惜しかった。

あとは師匠とロガーで確認。というかダメ出し。w 最高速も前戦より伸びている。早く開けられれば伸びるという至極自然な解答のようだ。

いつもレポートを書くとき、この時は何していたんだろう?と考えるが、何をしていたか思い出せないときが多々ある。この決勝前もそんな感じ。ww

フクちゃんの前とは0.5秒ほど差があるので、なかなか追いつけないだろうということと後ろの3人にもしスタートで抜かれると再び抜き返すのが難しいだろうと予測。なんといっても直線で抜けそうにないバイクなので、きっとタイムはこっちが速かろうが、抜くに至らないだろう。スタート命!

早朝。ガスが出ているのはお約束。コメントなしwわんこ!娘に遅れを取らないように鍛錬するオトコ
もっともぐれ!wかっこいいねぇいけいけ買ってください!orz
振り返れば奴がいるww激闘!直線で追いつけない...戦い済んで日が暮れて...ないwこの女の子がかわいかった

決勝
ウェイティングからコースイン。

キミのスタートにかかっている!

1周おわりで帰ってくるとなんとえらい後ろになっている。抜きにくいだろうと予想したA選手が前だ。また、スタート失敗したのねん。orz

数周後、集団はバラけ、A選手と一騎打ちの様相に。まだ、うしろのK選手とのタイム差はあるので、前方に集中である。差は詰まったものの、なかなか抜けない。そのうち、後ろのK選手との差はだんだん詰まってくる。後ろが来たらボードを振り回してくれと頼まれてたので、最後の数周は振り回しぱなしだった。ww

決勝 総合21位(インター12位) 1’41.218

なんだかなぁ。前回と内容が変わらん。前はそんなにスタート失敗してたかなぁ? なんにせよ、バースデイ(1日前倒し)レースに花は添えられなかったってことだ。

今年の全日本にも参戦する気満々なのだが、ちょっとその行く末が心配である。

FLEX Racing Partsで、Tシャツ買って酒井大作選手&モトラッド39を応援しよう!

スポンサーリンク
  • 090503st600-michelin.jpg
  • 101017_st600-03.jpg
  • 120325_st600-1-1.jpg
  • 151019_IMG_0391.jpg
  • 121126_DCF00356.jpg