2015 OKAYAMAロードレース 第6戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年最後のレース。通常なら全日本戦でメンタルも資金も終了となり、来年また会おう!的な感じなのですが・・・。

レース始まるよ

なんでか、ランキング3位。全戦ドライだとまずこんなことになりませんが、時々のインター選手のエントリー具合と重なり奇跡の順位となっております。しかし、効力を発するにはこの最終戦にエントリーすることが必須条件でありまして、下心満載の参戦となっております。

「ここまでは」3位

またしてもミニ耐久のおまけ的扱いでピットは2Aの離島に軟禁。都心(ウェイティングエリア)までは遠いです。(ハァ) しかも1区画4台のうさぎ小屋状態で今の日本の象徴的何かとなっているのであります。(実は何もわかっていない・・・

お隣さんは永遠のライバルAY爺。しかし、今回の目標ははるか遠いランキング死守。このエベレストより高い壁をどうよじ登るのか、命綱にもなれませんが、ただただ戦況をお伝えする所存であります。w

ここから入って・・・

トンネルを抜けると主戦場でありますw

予選より早いブリーフィング後、8:35から予選アタック開始。実は、数戦抱えていたブレーキトラブルも解消し、フロントフォークもOHし、このエンジンに優しい気温でタイムなど落ちようはずもないなんとも言い訳できない背水の陣なのであります。

予選前の一コマ

予選 総合16位 (インター8位) 1’40.568 (4/6周)

なんだ、なんだ? 決勝にタイヤ温存か? この微妙に40秒を切れないもどかしさはライダーもボクラも一緒なのでありました。

予選後モニターを見入るF&A

今回もMMRTプレス K川氏がやってきておりまして、今回は地味にPRO KOKEジャケットで登場で我々を安堵させたのは言うまでもありません。K川氏には別ミッションもありまして、ボクはどちらかというとそちらが気になってしょうがないのでありました。ww

K川氏、差し入れありがとう!

決勝は11:30くらいですので、あまり余裕はありませんが、雨の心配もなく少々寒々しいピットで過ごすのでありました。

さて決勝ですが、特筆することはありません。1分30秒ごとにボードを差し出す簡単なお仕事を坦々とこなしている間いつものように中だるみがあって、後ろから迫られて火が付いてゴールという・・・。www

5列目真ん中、危険地帯w

決勝 総合16位(インター8位) 1’40.328 (9周目)

何でしょう、この虚無感。シーズン半ばのこの坦々感のようなのは・・・。どうも我々はハマっているようです。BSにタイヤは変わって条件は下がったようには思いますが、周りはアップしていっていますから、これは言い訳には出来んでしょう。ライダー的にはミニバイクレースも始めて、トレーニングを重ねている体でありますが、600とミニは別物なんでしょうか?

ランキング? なんっすか、それ?ww

来年に続きます。(笑)

スポンサーリンク
  • 080830norikura-005.jpg
  • 170509_IMG_0440.jpg
  • 140722_st600-4_cbr2.jpg
  • 061230_KIF_0286.JPG
  • 151123_IMG_0542_cr.jpg