2018 OKAYAMAロードレース 第6戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回の第4戦は大雨のため中止。(もともと参戦予定はなかったが・・・) そして、この第6戦は全日本前の最後のレース。もちろん、MMRTも全日本参戦を目指しているのでそこは抜かりなく・・・。が、前回練習走行で転倒。ライダーは無事だが、マシン損傷が大きく、この第6戦も危うい状態だったが、皆々様のおかげでなんとか出場できます。ありがたや、ありがたや。

ボクが着いた土曜の夜には、久々に見る決勝カウルに身を包んだCBRがピットに1台だけでいらっしゃいました。割と大きな部品(寸法的にも金額的にも)を交換されたようで明日が楽しみであります。

しかし、暑くて寝れない車中泊。かなりライトな寝具にしたのだが・・・。うちわを探し出し、仰ぎながら気絶してました。まさに、セルフタイマー。(笑) 今度から夏は延長コード持参せねば!

快晴!

早朝。
さすがに涼しい山奥。いつものようにガスっているが日が昇れば消えるでしょう。今日は午後から耐久なので午前中で終了するのであります。そう、割と忙しめ。ライダーは予選前にブリーフィング。前回の轍を踏まないようにしなければ!w

タイスケをよく見れば予選はいつもの10分ではなく、15分。台数が多いときにはそうなることもあるという。試しに違うリアサスセットで走って、駄目ならピットインする作戦に・・・。

お高いらしい・・・

HARCプロのマフラーにして音が変わって、やっと普通のレーサーになったという周りの評価。今までなんだったのか?疑問だが、前日練習ではスリップから1台抜いたと自慢げに語るライダー。よほど嬉しいのであろう。事あるごとに音はどんなだ?と聞いてくるが、そんなこと聞く隙があるなら1台でも抜いてこいってんだ。ww

守護霊くんは守ってくれるのか?

朝から燃調に余念がない。気温に合わせて変えていく。だんだん細かくなるが、これが普通なんだろうねぇ。www

予選 総合23位 インター11位 1’41.030

最初に引っかかったらしく、タイムは伸びない。途中赤旗が出て、混乱の様相を見せるが、すぐ再スタート。最後の最後に出したタイムで23位に。

レア物スライダーを修理させられる

決勝までは時間がないが、雨はないし特にすることはない。加えることはないが、見落としがないように注意するのみ。なんせ、絶好のコンディションなのだから。

ホント暑い・・・

気温はどんどん上がっていく。早くから並べずに最後に行ってちゃちゃっと作戦だ。いつものことだが、サポートがボク1人なのでグリッドまでの持ち物が多い。発電機、Fスタンド(Rスタンドはバイクに付けて行く)、タイヤウォーマー前後、各部調整用工具、ヤツのタオル・飲み物、日よけの傘。これらを代車から落ちないように押していく。帰りはこれにRスタンドを肩にかけて戻る。雑用係も楽じゃない。でも都合にいいときだけ「監督」とか呼ばれるし。ボクも苦労してるんす。www

セルフグリッドおっさん2

スタートはわりと決まったかに見えた。早めにサインボードを出すが、あららら? あいつ通った? 見てないような気が?モニターには2台ほどタイム掲示がない。ヤツも入ってる。転倒? 放送でゼッケン番号は呼ばれてないと思うが・・・。

ピンクのマシンがピットレーンに入ってきた。えっ、どうしたどうした?

スタンドをかけろという。なんだなんだ? クラッチ? 滑るの? えっ、変な振動が出る? 右側で耳を近づけるとシャラシャラという音が・・・。んー、こんな音はしてなかった。こりゃやばい。リタイヤだね。

署名させれらる図

決勝 DNF(マシントラブルによりリタイア)

その後、レースは赤旗中断でまた混乱を極めている様子。とりあえず、ライダーとマシンをクールダウンさせて様子見。いつもと違い本気のスタートダッシュを今回したらしい。えっ?って話だが、昔よくスタートでウィリーしてタイムロスだから、しばらく普通に(あまり回転を上げずに)スタートしてたんですわ。ここにきて本気スタートを練習してきた成果を見せればこの始末。そりゃないぜ、CBR。

エンジンを扇風機で十分冷却してから、クラッチカバーを開けて中を見ようということになった。全日本も1ヶ月後だし、なんとか部品発注は早めにしたい。エンジンオイルを抜いて、ステップスタンドで左に傾け、御開帳。開けたときに破断面が上側だったのですぐに発覚。

オイルを抜く準備をして

クラッチカバーを開けて・・・

どどーーん!

こんな風に破片が!

大きな破片は底にありました。奥にはスプロケットが! これに噛んでいたら大惨事もあり得た。これは運が良かったんじゃないかという結論。中が傷だらけということもなくだが、小さめの破片は発見できなかったのでオイルパンに墜落か? ここからさきはトイボイ先生の出番でしょうな。

はずしにくいエキパイ

バラしやすいように冷却水を抜いてエキパイ取り外し。(という指示)

さて、無事に全日本参戦できるのか? 待て!次号!w

それでも焼きそばの写真は撮る!w

スポンサーリンク
  • 121105_IMG_2469.jpg
  • 060813_KIF_2520.JPG
  • 01janohire-shio3.jpg
  • 140428_DSCN2592.jpg
  • 090905katoh-002.jpg