2020 OKAYAMAロードレース 第3戦

スポンサーリンク

なぜ明日から晴れるのか?w

第2戦はST600は未開催だったので、3月以来のレースなんだが、何が面白ろうて梅雨の只中にレースなんだ?と思わずにいられない。雨だと上が狙えるという変態さん以外は避けて通りたい天候のはずだ。もう、1週間も前から雨だとわかっていたのであきらめもつくが・・・。

夜、断続的に降る雨の音を聞きつつ、蒸し暑くて寝苦しい中熟睡してたんだか眠れなかったのかわからないまま日曜の朝を迎える。まぁ今日はタイヤ交換はないやろと思えば気は楽だ。雨は一応止んでいたが、コースは濡れている。レインタイヤに間違いはない。

扇風機を持ってきて正解だった

昨日の雨の中の練習でビショビショになったツナギ諸々の装備品も扇風機でなかなか乾いてきた。予選はこの半濡れでしのぎ、決勝は乾いたつなぎとグローブで頑張ってもらおう。ガソリン、空気圧、タイヤウォーマー。いつものようにいつものごとく。用意するもの、食べるもの、いろいろとルーティーンがあると思うが、うちのフクちゃんはいささか細かい。ルーティーンを乱してはならない。その順序や選択にツッコミを入れたくなるときもあるが、見て見ないフリだ。ボクにはわからんが、緊張がほぐれるのかもしれないし、集中できるのかもしれない。だから、口を挟むのはご法度なのだが、歳のせいかそれを忘れることがある。忘れたままならいいのだが、大抵気づきやが・・・気づく。大慌てになるのだが、そこも見て見ないフリだ。w

たのんますよ

予選 総合21位 インター12位 1’58.705

トップは47秒台だ。コースはほとんど水しぶきが上がらないレベル。確かに前回より10秒近く速い。昨日、土砂降りでも58秒台だったから2秒は短縮したいと意気込んでいたが、ほぼ変わらず。自らが妖怪アメフラシだというのになんたることだ。(違

実に悩ましい問題もある。今装着しているのは中古レインタイヤだ。ドライ用新品前後タイヤはあるので、これで新品レインを手に入れるか? はたまた、このままでいき、ドライ用タイヤを温存して次回そして全日本とつないでいくか?さあ、どうする?

Why? なぜ?

そして、もっと悩ましいことにだんだん天気が回復してきている。薄日が差すほどに。天気予報も晴れるとはいかないが、雨はふらない(決勝までは)方向である。これはまさに前回と同じ展開ではないか。あのときは博打を打って早々にドライタイヤに交換した。今回は博打ではない。博打的に言うと雨に賭ける方なのだが、まったく科学的根拠もない。ドライタイヤに替えざるを得ないようだ。まぁ、数時間使用のユーズドタイヤに交換して、新品を温存するセコい作戦に出たのだが・・・。w

あのヘルパーは気休めでしかなかった。劇的にタイヤ交換しやすくなるものでもない。TRXに比べれば役に立ってるようにも思えるが、ここはもう1歩進化させなければなるまい。タイヤ交換で疲れちゃあダメでしょ。ww

直前まで出てた

レース自体も直前にウェット宣言が取り消され、ドライレースとなった。ボクらからすれば完全に裏をかかれた展開である。コースに出るとそこそこウェットパッチが残っている。公式によくウェット宣言を撤回したなという感じ。

結構濡れて見えるのだが・・・

前の方でかっこつけてくれww

決勝スタート。
ハイ、スタート失敗。orz

21位から24、25位までドロップ。そこはR6様。ジリジリ追い上げ20位で終了。

決勝 総合20位 インター13位 1’47.152

一人反省会ちう

なんかタイムが悪い、というか伸びない。全体的にタイムが悪いのは悪いのだけど前回よりコンディションがいいと思われるのに、だ。電子制御に関係しているのか? トラコンを信じてアクセルを開け開けで乗ってると言うし。えらい時代になってきましたねぇ。

次回は浮かしたタイヤで練習してもっといい走りを見せてくれるだろうから期待しておくわ。(ウリウリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする