2021 OKAYAMAロードレース 第1戦

スポンサーリンク

この時間に快晴とか珍しい

早いものでもう2021年の開幕戦です。
今年は背水の陣的な覚悟で、R6もエンジンオーバーホールを行い、いろいろとアップグレードしたようなしてないような・・・。R6はまだ外観が完成に至らず、リアインナーフェンダーがピンクとなった程度でありました。w

一部変更に留まるw

一時今年の冬は寒いぞ!と思わせておきながら、その後なんだか暖かい今冬。県南はもう小春日和(※)15°オーバー連発で正直こちらも過ごしやすかろうと思っていたのであります。23時前早くも就寝。モフモフのパジャマに極寒仕様のワークマン靴下で電熱シュラフに潜り込む。しかし、それ以上に何もかけず、何も足さず。この時はまだ暑くて目が覚めるんじゃね?と高を括っていたのでありました。しかし、2時半に目が冷めたとき、そこは真冬の寒さでありました。一応持ってきたサブの羽毛とバスタオルを体に巻きつけて朝まで耐え忍びましたとも。恐るべし岡山国際サーキット!

寒い中着替えてピットに行ったのが6時半。もうフクちゃんはそこにいた。さすが老人。彼も寒くて寝れなかったらしい。んー、恐るべし(ry

モンキーもいるらしい

今回のピットは区画に2台。非常に広く快適だ。もうひとりは勝手知ったる楠六氏なのでなおさら。ここに4台のときはしんどいんだよねー。しかし、やたら寒い。ここでこの時間に快晴とかありえんのだが、風もあって非常に寒い。真冬のそれです。これまた、着るものも薄手にしたんで寒い寒い。やっぱ3月のここはこうなんやね・・・。

教祖様再び

今日は快晴予報で雨の心配はない。よって、バタバタしないはず。やることやって、迎えた予選。9時20分スタート。例によってギリギリまでピット待機。今日はチンチンにウォーマーをかけてるんで、お古ニュータイヤも食いつこうたい。

しかし、2周したところで赤旗中断。オイルが出たとかで、ピット前はごった煮状態。リスタート後、また赤旗中断。マシントラブルからのクラッシュらしい。これにて、予選終了。本気でタイム出しできた人皆無。でも、サポート1人ってこういうとき大変やね。ちーむ とらお。さんたちが今日はいないんでより実感ですわ。

赤旗1回目

赤旗2回目

予選 総合8位 インター7位 1’47.027

たなぼた8位。楠六氏に次ぐ8位。(くどい) 久々の予選シングルであります。マシンも直線速いようなんでもっと上も目指せるかも・・・?!

決勝は12時。ちょい暇です。ガソリン抜いて入れ直して、各部点検、タイヤウォーマーで終了。あとは発電機のエンジンがかかるか確認してくらいかな? とにかく日陰は隙間風もあって非常に寒い。はやく気温が上がってほしい。

11時半にウェイティングエリアに移動。時折ウォーマーとか発電機とか確認するんだが、ウォーマーぬるくね?ウォーマー故障?でも、これ変えたばっかじゃん。電気きてんの? パイロットランプ消えてんじゃね? 明るすぎて見えんけど、これ消えてんじゃね? と一人銀魂を展開。フクちゃんがなんとか知り合いに手配して代品確保。おいおい、発電機も逝ちゃったのかよ。

グリッドにて

先頭が見える範囲の8番手に並べて、パチリ。久々の前の方ですな。

決勝スタート。

見えなかったけどこんなことになってた模様。

スタートで順位あげるなんていつぶり?ww 放送でも紹介されてた。ww

周回を追うごとに広がる先行車との差。それに比べてどんどん縮まる後ろの楠六氏。なんか今日は仲がいいっすね。

6周目だったかな?突然7位から9位に落ちる。後で聞くとダブルヘアピンでニュートラルに入ったとか・・・。ミスりましたか・・・。orz

終盤、楠六氏との差が開く。タイムはフクちゃん正常、楠六氏遅いのでなにかやらかしたから差が開いたか。しかし、これで差を保ったままチェッカー!

決勝 総合9位 インター9位 1’450148

直線は早くなったものの、タイムに反映させていない。初戦だからか、気温のせいなのか。楽に44秒前半出せるようになるんかいな? 全日本も視野に入ってますからねぇ・・・。

コンデンサーだと思うんだけどな

発電機は修理する方向だが、名古屋方面に発電機が余ってる情報もあるので(笑)お声掛けもお待ちしておりますよ。Uさん。www

※ 「小春日和」は晩秋の気候。寒さに向かう気候・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする