MOS化 プロジェクト

スポンサーリンク

純正ヤマンボTRX850のブレーキは「ブレンボ」製だが、YAMAHA製なので「ヤマンボ」とも呼ばれる。:lol:

最近のYAMAHAのバイクは、住友電工製ブレーキキャリパーが装着されている。 このキャリパーは通称「MOSキャリパー」といい、モノブロック、つまり、通常のキャリパーが、製造のしやすさから2ピース構造を採るのに対して、このキャリパーは1ピースの鋳物に必要な加工を行い製造されている。1ピースにするメリットは、ブレーキング時にキャリパーが開くのを抑制し、剛性感のあるブレーキとなる利点がある。このMOSキャリパーへの換装がTRX乗りの間で流行っていて、効きはもちろんYAMAHA純正という安心感(部品調達とか)も手伝って、換装率が非常に高いのが特長である。

通称 MOSキャリパーフロント

フロントは取付ピッチがノーマルと同じなので無加工で装着できるのもうれしいところだ。とあるルートよりXJR1300のMOSキャリパーを入手したのでMOS化はかなり加速気味だ。しかし、片側のパッド1組、パッドピン1ケ、パッドスプリング、バンジョーボルト等が不足しているので、ちょっと投資が必要である。

MOSキャリパー+ノーマルマスターシリンダーという組み合わせも考えられるが、どうもカチカチのタッチになるらしい。気になるのは、ノーマルキャリパー+ラジアルポンプの組み合わせはどうなんだろう?ということだ。この例は見つけられなかった。しかし、のちのちMOS化するのであれば、1度に作業した方がよさそうだ。なぜなら、その都度、ブレーキホースを交換しなければならなそうだから・・・。(バンジョーの角度の違いから)

ここからは、これから揃えなければならないものを探した結果である。足りないものや間違っているものがあるかもしれない。

YZF-R1(’04)用の純正マスターシリンダー(らしい)
ラジポン 5VY-W2587-00

部品名称部品番号個数価格
マスターシリンダサブAssy5VY-W2587-0016,038
ボルトレバー5VY-2589F-001735
ナットカバー5VS-2586F-00158
レバー25VY-83922-0012,888
ストップスイッチAssy4HM-83980-001903
スクリュウセット5VS-2585H-00158
リザーバータンク5VY-25894-001242
リザーバーダイヤフラム5VY-25854-001357
ダイヤフラムブッシュ5VY-25855-00195
リザーバーキャップ5VY-25852-001242
リザーバーホース5SL-25895-001126
クリップ90467-090A12116
ホルダー5VY-2589G-00189
スクリュー5VY-2589H-00158
マスターシリンダブラケット5VS-25867-001504
ボルト5VS-26332-002116

※1 ブレーキホース: EARL’S  700/750mmを装着している人あり。
※2 バンジョーの角度: マスター側45度、キャリパー側20度という情報あり。
※3 価格は2004年のもの。

■ 参照サイト
trx850.jp
Pacific Motor Works

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする